大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

テレビ見ないのに、日本有数のCMを作っている広告代理店を受けて落ちた事件。

 

今日、第一志望の企業の役員面接をパスしたのに、再度呼ばれてその企業に行くことになりました。ゆってぃです。

 

結構なお偉いさんの役員面接は通ったので、おそらくは意思確認面接だと思われます。

がんばろ。

また良い結果を報告できれば、と思っています。

 

***

 

さてさて。

前の記事で、僕の就活におけるお祈りメールコレクションについて書きました。

今回は、その続き。

 

前回、大手広告代理店のことを書いたので、そのつながりで今回も、最大手広告代理店を落ちた事件を綴ります笑

 

テレビを見ないのに、広告代理店を受けること

名前は出さないですが、言わずと知れた、世界有数の広告代理店が日本にあって、日本中の大学生がその企業をこぞって受けます。

大京大はいざ知らず、本当に優秀な人たちが受けてくる企業。

 

毎年エントリーの数だけで数万人にものぼるとか。

そこから高々100人程度しか新卒採用をしないわけですから、本当に狭き門ですよね。

 

選考フローはと言いますと、まずは、ES(エントリーシート)と、SPIテストセンターで、ごそっと足切り

大手企業は、まず第一関門がここになります。

 

またここのESがよくわからん。。

 

その「企業を表すキャッチコピー(20文字)を考えてください」くらいならまだわかります。広告代理店なんで。

でも、

「多くの人にリツイートされるつぶやきをご記入ください(140文字以内)」

とか、

「あなた自身にキャッチフレーズをつけてください」

とかはもう、何が正しいのかなんてわからないわけです。

 

挙げ句の果てに、

「面接で聞かれたくないことを3つあげてください」

とか。。

これは、一体何をみてるんだろうか。。

これを記入したら、面接で聞くのか?聞かないのか?みたいなw

 

これがES。

 

そして、ものすごく基準値の高いSPIテストセンター。

SPIは特に勉強はしていませんが、この企業は8割くらいがボーダーと言われています。

テストセンターで8割をパスする学生なんて、全大学の本当に数%でしょう。

早慶でも、文系なら結構きついレベルなのかなと思っています。

 

でも、逆に言うと地方大学であっても、国立大学の入試であるセンター試験を軽々パスしている人たちであれば、特別な対策はせずとも、受かることもまた事実。

なぜなら、現に何も対策をしていない僕が受かっているので。

いくら最大手企業と言っても、学歴フィルターは存在しない、ということの証明になったかなと思います。

 

 

そうこうして選考が進む中で、2次選考。

学生1人対、現場社員2人。

 

僕の場合は、20数年現場でやっているという社員お2人が、面接官でした。

 

面接は終始和やかに進んでいきます。

「学生時代に一番頑張ったことは?」とか、まあ途中までは普通の面接でよかったんです。

 

ところが、「好きなCMは?」という質問に対して、「あ、テレビ見ないっすね..」と返答したところから、空気が凍りついたという。

これはやばい、とさすがに僕も思いましたが、嘘をついてもしょうがないので、そのまま正直に言いました。

「テレビは見ないけれど、好きな広告はありまして、〜〜」

という会話は、「ふ〜ん」で流されるという。。

 

日本のテレビテレビCMのほとんどを作っている広告会社に対して、この回答はさすがに地雷だったようで。

ということで、普通に落ちました笑

 

せっかく面接まで進んだから、少しもったいないなぁとは思ったのですが、まあしょうがない。

もし、広告代理店を受ける人がいたら、やっぱりその企業が作っている制作物くらいは、ざっと知っていた方が良いと思います。

 

好きなCMは?好きなコピーは?

というような問いに対しては、やっぱりその企業が作っているもの中で、きちんと自分自身とストーリーを重ねることができるものを語った方がよいはずです。

 

余談ですが、僕の現在の上司は、昔、電通の面接で「好きなCMは?」という問いに対して、「好きなCMはないですが、嫌いなCMはあります」と言って、すべて電通のCMを上げていったという猛者です。笑

ちなみに彼は、その回答で最終面接まで進み、最終面接でも同じように答えて場をフリーズさせて落ちた、という伝説を持っています。

 

人間って一緒に働いていると、自然と似てくるものなのでしょうか。

 

今回はここまで。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

***

 

【追記】

冒頭の企業には、なぜか落ちました。笑

という記事も書いています。よかったら読んでみてください。 

yuto.hatenadiary.jp

yuto.hatenadiary.jp

 

***

他にもこんな記事が読まれています。

yuto.hatenadiary.jp

yuto.hatenadiary.jp