読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

大学で学問やっています。4年生。主に物理学。趣味は読書と、手紙を書くこと。好きなものは、雨の日とカフェオレ。人材業界に就職する新卒です。

ブログなんてやってもやらなくてもどっちでもいいのかも。書くことは結構面白いです。

書くこと・ブログ

 

いい記事だなと思ったので、引用。

www.pidakaparuna.space

タイトル、かっこいいですよね。

ブログなんてやってもやらなくてもどっちでもいい。

って言い切るところ。笑

 

その通りだなってすごく思いました。

ブログなんて、やってもいいし、やらなくてもいいんだと。

でも、やってみると、いろんなことに気づけましたよ。少なくとも自分にとって、いいものでしたよ。

と、等身大にそんなメッセージが綴られていて。

 

筆者の彼女が約4ヶ月もの間、ほとんど毎日ブログを書いていて、その結果として『どんどん良い環境で生きられる』ことがわかった。そんな風に書いています。

そんな風に自分の「今」を捉えることができるって、すごいことだと思うし、ブログを書いてそんな風に思えるのであれば、僕がこうして毎日いろんなことを書いていることも、何かの意味があるのかもしれないな。なんて、そんなことを思ったりしました。

 

少し僕の話をすると、なんで僕がこのブログを書いているのかと思い返してみると、特に「これだ」という理由はないのだけれども。

書き始めたきっかけはあんまりよく覚えていないけれど、もともと書くことが好きだったことと、将来は本を書いてみたい。という漠然とした夢があって、ただそれだけのことで書き始めた気がします。

じゃあなんで、そこから今まで続いているのかというと、これもまた特に大きな理由があるわけではないのですが、単純に「書きたいから」書いている。あるいは、書くことが面白くて、書かずにはいられないから、でしょうか。

 

こうして僕の書いているブログを見に来てくれる人もいますし(ありがとう!)、たまたま見かけた人も、日常的に別の誰かのブログを読んでいたりするのかもしれません。

その中でもし、今はブログを書いていないけれど、書いてみいたな。

と思う人がいるのであれば、彼女が書いた上の記事も読んでみて、実際に自分の文章を書いてみるといいかも、しれません。

 

上の記事から言葉を借りると、

『やってもやらなくてもどっちでもいいよ!

少しでもやりたいならやってみて、合わなかったらやめたらいいよ!

三日坊主って全然わるいことじゃない。』

ということです。

どっちでもいいのだけれども、ちょっとでも思うことがあれば、ちょっとでもやってみては。

 

いつも、ありがとう。

 

 

<追伸>

今僕は、大学の図書館からこのブログを綴っています。

今日はとても長くて、密度の濃い1日でした。

1日の時間の中で、こうもいろんなことを感じられるんですね。という、人生の楽しさを感じつつ。

今日は金曜の夜か。ゆったりとした時間を過ごせたらいいな。