読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

大人になるということ 〜大人の少年で、僕はありたいという想いを胸に〜

昨日は、大阪での新生活3日目でした。

今日で3月も終わり、明日から4月になります。新しい年度の始まりです。

 

明日4月1日から、僕は正式に社会人となります。

東京での入社式のため、明日の朝、新幹線で東京に向かいます。

 

多くの期待と、少しの不安を胸に。という当たり前の言葉ではありませんが、まさにいまはその感覚を持ちつつ。

ただ、特に気負いすぎるわけでもなく、淡々といきたいなと思っています。

 

大人になりたい

ありきたりの言葉ですが、ちゃんと仕事ができるようになりたい。

ちゃんと仕事ができて、1人で立って初めて、1人前の大人だと思うんです。

ここ数日で改めて、ほとんど初めてと言っても良いくらい、猛烈に「ちゃんとした大人になりたい」と思いました。

大人の男になりたい、と。

 

このブログのタイトルにもある通り、僕は「大人の少年でありたい」というのは、昔から変わらない僕の想いです。

誰もが少年だったあの頃に持っていた想いとか、憧れとか、優しさとか、そういったものは、大人になっても忘れずにありたい。

僕のそんな想いが込められています。

 

同時に、いま改めて大人の世界への扉を開けようとしている僕がいて。

僕はその扉の前に立っている。

大人になるということは、そんなに簡単なことではないと、実感する時を過ごしています。

 

大事なものがあって、守りたいものがあって、大切な人がいて。

でも、それらを本当に大切に思うのならば、まず自分自身が強くなければならない。

強くという言葉が正しいかどうかはわかりませんが、僕はそう思う。

まず、ちゃんと自分の足で立って、進んで行くことができて、強くある。

それが大人になるということだと僕は思うんです。

 

その上で、優しくありたいし、愛を持った大人になりたい。

大切な人を、大切にできる。

自分の譲れない思いを持って。

そんな自分でありたいなと、僕は思います。

 

ちゃんと胸を張って、いられる僕でありたい。

いつも、ありがとう。