大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

『がんばってるきみへ』という本が届きました

がんばってるきみへ

という本が届いた。

 

僕の誕生日に送られてきた本。

郵便ポストから取り出して「あれ、なんだろう?」と思って開けてみると、この本が入っていた。

という展開にはならなかった。

なぜなら、僕は誕生日の時、ちょうど内定先の企業の研修があって東京に行っていた。

郵便ポストから取り出すという大役は僕の母親がしてしまった。。

 

東京から家に戻ったら、僕の部屋の机の上に赤い封筒が置かれていて、その封筒の表紙には似顔絵と「髪きりました。笑」というメッセージの書かれていた。

封筒を開けると、この本が入っていて。

すごく驚いた。

というのも、中のページにはすべて手書きのメッセージが書かれていたからだ。本当に一冊の本を書いたんだ。

 

本当は中の1ページ1ページをすべて写真に撮って見せたいくらいだ。

いや、これは僕の誕生日に贈ってくれたものだから、見せたくないような気もする。

(僕はしばらく、表紙の写真を載せるか悩んだ。表紙の写真くらいはいいだろうか、うむ。)

 

その本は、仕掛け絵本のような仕組みだった。

開けると、絵が立体的に飛び出してくる。

そのページのひとつひとつに、どこまでも真っ直ぐな、素敵なメッセージが手書きで書かれていた。

 

きみなら大丈夫

というページがあって。

そこには、「あなたが人生を通して書く本を楽しみにしています。」と書かれていた。

僕は泣きそうだった。いや、もう最初から泣いていたのかもしれない。

「ずっとずっと応援しています」と。

それは僕だって、同じことなんです。

 

こちらこそ。

生まれてきてくれて、出会ってくれて、本当にありがとう。

これからの人生も、よろしくお願いします。

 

<追伸>

お返しは、僕が人生を通して書く本と、そのメッセージです。

そのときまで、待っていてください。