大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。コンサルのお仕事やっています。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

旅はまだ終わらない。

 

語り継ぐ人もなく

吹きすさぶ風の中へ

紛れ散らばる星の名は

忘れられても 

ふと、本当にふと、中島みゆきさんの「ヘッドライト・テールライト」の歌詞が頭の中に流れてきました。

 

僕が幼いころ、すごく好きだったのが「プロジェクトX」というNHKのテレビ番組でした。

男たちの生き様、ストーリーが語られていて、幼な心にものすごく感動し続けていたことを覚えています。

 

そして、その番組のエンディングで流れるこの曲が、今でもあの時のシーンと一緒に心のアルバムの中に綴じられていて。

今でもこの曲を聴くたびに、心が震える思いがします。

 

本当に小さいころの僕が、これだけ心が揺さぶられた経験というのは、言葉では言い表せない何かが、そこにあったのだと思います。

 

サビの

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

という繰り返しは、僕の人生の中ですごく大切な詩の一節となっています。

こんな言葉を書いて、こんな曲をつくる人というのは、一体どんな人生を送ってきたのだろう。

何を見て、聞いて、感じて、どんなことを想って、生きてきたのだろう。

未だにそんなことを考えたりしつつ。

 

あのころに抱いた夢であったり、大切にしていたものは、大人になっても忘れたくない僕の宝物です。

人はきっと、できるだけ多くの大切な瞬間を心のアルバムに綴っておくために、生きているんですね。

そして、その心のアルバムさえあれば、どこでだって生きていける。

大切なものは、目に見えない。

心で感じるのだと、僕はおもいます。

 

僕はいま、あのころに夢見ていたような、かっこいい大人になれていますか。

あのころと同じように、心が震えるような今を、生きていますか。

 

いまこの瞬間、こんな想いを抱くことができる自分自身を大切にしたい。

 

ありがとう。