大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

大学時代は、心が震える何かに出会う時間。

人生で、一番大切な事は、一番大切な人と、一番大切なものを即答できるようにすることなんですね。

 

大学時代は特に、自分の人生にとって最も大事なものを見つける時間。

 

そして、人生の振幅を大きくする時間だと僕は思います。

 

人生の振幅を大きくするというのは、喜怒哀楽の振幅を広げるという事。

プラスマイナス10の人生ではなくて、プラスマイナス100の人生を歩みたい。

そうでなければ、生きてるとは言えない。

 

言い切りました。

喜怒哀楽が小さくて、心が震えない。何も感じない人生は、生きているとは言えないと僕は思う。

 

大学時代というのは、心が震える何かに触れる時間。

なんでもいい。本でも、言葉でも、人でも。

 

僕の場合は、毎日自分の内側から溢れ出てくるものがあって、それが形にならないフラストレーションがあって。

何もないけれど、とにかく必死で自分自身を掘っていく。

掘って掘って。自分を見つめて。

そんな時間。

 

それが本当に心底望むものだからこそ、現実と理想の狭間で揺れるフラストレーションが、原動力になって。

 

 

大学時代、心の根っこに触れるような人に出会う事ができました。

そういう経験ができる人は、本当に恵まれている。

 

表面だけで楽しい時間を過ごすのではなく、痛いほどに近づいて、互いの奥側に触れる。大事な人。

 

痛さって、そう簡単に感じられないじゃないですか。

当たり前なんかじゃないんですね。当たり前なんかじゃない。

 

「あなたが2人いたらよかったのに」

そう囁いた君の事は、一生忘れない。