読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

大学で学問やっています。4年生。主に物理学。趣味は読書と、手紙を書くこと。好きなものは、雨の日とカフェオレ。人材業界に就職する新卒です。

無事、大学を卒業しました

大学時代

今日、無事に大学を卒業しました。

4年間、本当に良き時間を過ごすことができました。

たくさんの出会いに感謝です。

 

成績優秀で学部長賞を受賞することができたのですが、その授与式の時に学部長がおっしゃっていたことが印象に残っていて。

AIのことを話されたんですね。

僕らが大人になるころには(といってももう社会人になりますが)、今ある仕事は全く違うものになっている。

今の僕らが想像したことのない世界に突入するのだと。

その時に、僕らが4年間、世の中の「理(ことわり)」を学んできたことが活きてくるでしょうと。

つまりは、理学部で学ぶ科学、サイエンスというのは、未知のものを探求して行く学問であって、君らはこれから社会に出て、想像を超える世界に向き合って行くのだと。

そういう話をされていたことが、大きく印象に残っています。

 

学問に打ち込んだ4年間

その後、各学部学科において懇談会みたいな時間がありました。

物理学科の卒業生、大学院の修了生と、教授陣(保護者もわりといらしてた)の懇談会の時間があり、その時に各先生から一言ずつもらう場面があって。

みなさんが、同じようなことをおっしゃっていました。

 

物理学科で4年間学んだことというのは、これから社会に出て行く君たちにとっては、直接的にはほとんど役に立たないだろうと。

でも、みんな懸命に学問に打ち込んだはずで、それが今日という日の卒業につながっているのだと。

その学問に打ち込んだという事実は、必ず何かしらの財産になって、君たちの中に残っているはずだ。

そのようなことを、どの先生方もおっしゃっていて。

ああ、本当にその通りだなと思うんです。

 

僕らがこの4年間、この大学の物理学科で学んだことは、学問の仕方であり、自ら学ぶということであり、ものの考え方や見方というようなことなんだと思うんです。

それらは必ず、僕らのこれからの大きな土台となっている。

気づけばあっという間の4年間ではありましたが、大きな時間だったなと思います。

 

***

 

これからは、学生としてではなく、社会人として生きていく。

いうなれば、もう大人であるのだと。

より大きな自由と責任を背負って、未知なる大海へ踏み出して行きます。

これからも僕は僕の道を、淡々とやっていく。

この大学で、この物理学科で学べたことに感謝。

将来、共に咲きたいと思える同期にも出会えました。本当に、ありがとう。

これからの人生も、よろしくお願いします。

 

<追伸>

いつも読んでくださって、本当にありがとう。

現状把握→目標設定→施作→行動のサイクル

気づき

僕が大学時代に関わらせてもらったインターンシップを通して学んだ、仕事のポイントで大切なこと。(ずっと一貫して同じことを言われてる。笑)

 

現状をどんな風に把握するのか。

目標をどう設定するのか。

そしてその目標達成に向けてどんな打ち手を考えるのか。

その打ち手に対して、どう行動していけるか。

 

ということが、仕事の本質のような気がします。

差が出るのは、それぞれを、どのような細かさでやっていくのか、ということ。

 

例えば、現状把握にしても、粒度というかその捉え方の細かさは人によって全く異なるわけで、ちゃんと現状把握ができる人というのはものすごく細かく見ている。

その視点というのは実は、粗い目で見ている人にとっては、永遠に理解できないことなんだと。

僕らは上司のオーダーに対して無責任に「大丈夫です」と気軽に言うけれど、そのデッドラインの把握は、僕らが考える以上にシビアだったりするわけで。

「大丈夫です」といって大丈夫じゃなかった、炎上しかけてしまった、それをどうにかしてもらった、同じことを次すると本当にやばい、、

と言うような積み重ねて、僕らは成長していくんだと思うんですね。

そして、各フェーズにおいてそれらを積み重ねていくことが、仕事ができるようになっていくということなのではないかと思っています。

 

PDCAサイクルは普遍的なもの

ビジネス用語で「PDCAサイクル」というものがあります。

「Plan:計画」→「Do:実行」→「Check:確認」→「Act:修正」

のそれぞれの頭文字をとったものですが、要はこれです。

現状をどれだけ正確に言語化して、実行し、フィードバックをもらい、修正を重ねて行けるか。

結局はそこに行き着くからこそ、PDCAサイクルは普遍的に残っているのだと思います。

 

僕が最初にこれを教わったのは確か中学3年生の時。

中高時代の恩師がリクルート出身で、勉強のみならず、行動に対してPDCAを回すことの大切さを教えてもらいました。

今考えるとわりとすごいような気もしますが、でもこれが本質的かつ普遍的なものであるならば、その経験は僕にとって大きな財産です。

 

***

 

とまあ、わりと分かったようなことを書きましたが、全然そんなことはなくて、むしろ今から社会人になる僕の課題なんですね。

どこまでその質を上げていくことができるか。

という視点を持って、これからも淡々とやっていきますね。

ありがとう。

書くことが思考のためのツール

書くこと・ブログ

僕はこうして文章を書く時に、事前に何かを考えて「よしっ、これを書こう!」と思って書いているわけではありません。

考えてから書き始めるのではなく、書きながら考えています。

むしろ、書くこと自体が考えるために必要なことなんです。

書くことが思考のためのツールだということです。

 

いかに思考ダダ漏れ状態で書けるか

書きながら考え、そのまま書く。

というのは、どれだけ思考のブロックを外せるかが大事になると思っていて。

僕の場合は、一旦腰を落ち着けて考えてしまうと、自由に書くことができなくなってしまいます。

むしろ、腰を落ち着けることはせず、ふわふわと思考を飛ばせた状態で、その時に思ったことを文章にしていくほうがいい。

いま感じていること、考えていることを言葉にして、そのままリアルタイムで書いているという感覚です。

いかに思考ダダ漏れ状態で書けるかということです。

 

僕の場合は、硬い文章を書くというよりはむしろ、口語調の文章で書いています。

そのほうが、読んでくれる人が読みやすいからです。

口に出してみてしっくりくるような言葉で書いている。

それがいわゆる「文体」なのですが、目の前のひとりに話しかけるような文体で書くことによってリズムが生まれます。

そのリズムが、読む人を前に推し進めてくれる。

 

話しながら思考を整理していく

こうしてブログを書くだけではなく、ノートに書くときもそうです。

僕はメモ魔なので、常に何かを書いています。

考えるという作業は、書くこととセットなのです。

それこそ書くことが思考のためのツールだからです。

そのクセがあると、とりあえず何かを書き始めることで思考が整理されていくので、何かを考えるときは楽です。

僕の上司は話しながら思考し、内容をまとめていくことがすごくうまい。

典型的なEタイプです。

最初「ほんとかよ」と思いましたが、ずっと一緒にやっていると、その感覚が移ってきました。

 

それまでの僕は、いったん自分で書くなりして、自分の内側に入らないと思考ができないタイプでした。

本当はそういうタイプではなくて、ただそれ以外に考え方を知らなかっただけなのですが。

上司と一緒に仕事をするようになって、誰かと話をしながら考えるということが、少しずつできるようになりました。

就職活動の面接において、瞬発力を見られるような選考でも関係なかったのは、そのトレーニングがあったからです。

僕の受けた面接では、目の前の面接官とその場で即興でビジネスモデルを作って話してフィードバックが返ってきてそれを修正してまた打ち返して、みたいな選考がありました。

会話をしながら修正をしていく力というのは、すごく大事な要素です。

ありがとう。

船井幸雄氏が説く世の中の”原理原則”

読書・映画

船井幸雄という名前を聞いたことがあるでしょうか。

知っている人はおそらく、コンサル業界に興味のある人か、ものすごく本を読む人か、そのどちらかではないでしょうか。

 

世界で初めて経営コンサルティング会社を株式上場させた方。

あの船井総研の創業者です。

 

経営者として、またコンサル業界において、知る人ぞ知る偉大な方ですが、実は膨大な著書があることでも有名です。

僕が最初に船井幸雄氏の著書を読んだのは10代の頃。

そもそも船井総研という会社を知ったことがきっかけでした。

 

世の中の”原理原則”と”シンプルさ”に生きる

先日、引っ越しのために僕の部屋にある本を整理しているときに、この「船井論語」という本を読み返しました。

船井論語「人生篇」―生き方を一変させる33の知恵

船井論語「人生篇」―生き方を一変させる33の知恵

 

僕が大学に入る頃、20歳くらいに初めて読んだ本だと思いますが、氏の著書というのは経営本というよりはむしろ「生き方」について書かれています。

その「生き方」というのは、薄っぺらいハウツーではなくて、ご自身の人生における実経験から来る智慧なんですね。

その智慧を紐解くと、世の中の”原理原則”に行き着く。

氏は繰り返し、宇宙の原理といいますか、この世の中の原理原則について説いています。

そしてその原理原則はいずれも、ものすごくシンプルなものに帰着する。

シンプルに生きることが、生き方を一変させる知恵だということです。

 

なにも難しいことではない。

自分の心の声にちゃんと耳を傾け、誠実に謙虚に生き、自分を磨き続けること。学び続けること。

と言ったような、ごくごく当たり前の本質に行き着くのだと思っていて。

そしてその言葉の一つ一つが、すごく重い。

実はそれは簡単なことではないのだと、気付かされます。

 

<追伸>

そういえば、僕が出会った師匠は船井総研出身だったな。