大人の少年で、僕はありたい。

コンサルのお仕事やっています。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

【合宿@滋賀県 part2】メタ認知の重要性 〜追い込まれた局面で出る、自分の思考のクセを知る〜

前回の記事に引き続き、合宿について。

1日目のワークショップですが、最初はマシュマロタワーでチームビルディング。

続いては、就活のグループディスカッション的なワークをやりました。

 

2チーム(各チーム4〜5人くらい)に別れて、あるお題に対して、答えを出すというもの。

1チームは、もう1チームがお題に取り組むのを見ていて、あとからフィードバックをする、というもの。

 

1つ目のお題は「砂漠で砂を売るには」というもの。

僕らのチームは、もう1チームがやっているのを見ていました。

 

流れとしては、以下の感じ。

①15分間のグループディスカッション

②5分で見ているチームに向けて発表

③発表や、関わり方に対してフィードバック(15分)

④そのFBを受けて、どう思ったかをチームで話し合う時間(多分10分くらい)

 

その後、チーム交代。

僕らのチームは「いま、チームに1億円あったら、何に使うか」というもの。

ものすごく学びのあるワークショップだと思うので、裏側で思ったことを書きますね。

 

自分の思考のクセを知る

このワークショップの意図は、別に就活のグルディスのように選考をするものではなくて、僕は「メタ認知」のためにあるものだと思っています。

かなり良いワークショップだと思いました。

 

ディスカッションの時間が15分(20分でもいいと思う)と限られている中で、まあ普段考えたことのないような(あるいは、思考しづらい)テーマがあり、一定の答えを出さないといけないという状況に置かれた時、人の思考のクセが出るのだと思っていて。

限られた時間の中でチームのGOを出さないといけないので、ある一定、どこかで妥協が生まれるはずなんですね。

納得できないけれど・・

とか、逆に、「いいね!」という共感だけで物事が進んでしまったりとか。

そういった限られた局面になった時に、人の言動は一定の反応を示します。

 

そこで、周りからの見え方があったりとか、FBがあったりと、メタ認知をあげるという意味で、ものすごく良いワークでだと思います。

加えてチーム制なので、一定チームビルディング要素もあり、就活のグルディスのように「チームで結果を出すためのパフォーマンスを図る」というよりは、個人やチームのメタ認知を深めるというところで、ものすごく有効ではないでしょうか。

 

何かに対比させて初めて、自分を知ることができる

以前、僕の大事な人から、

「仕事をしている理由は、自分を知るため」

という言葉をもらったことがあります。ものすごくわかる。でも、それを一言で言語化するために、どれだけいろんな模索があったことなのか。

研修や合宿というのは、オンタイムでのビジネスタイムを削られるという意味では、メンバーからすると微妙な心境もあるかもしれません。

 

ただ、こうしていつもとは違う角度、違う刺激があるとまた、一段と深く自分を知るきっかけになったりするのだと思うんです。

僕は今回、(半分遠足のような)この合宿で、新たな自分の一面を知ることができて、すごく良かった。

 

ワークショップを終えての感想。

 

学びと気づきの質は、その人の思考の深さと、周りからのフィードバックの質に大きく依存する。

ワークショップの質は、そのWSに取り組むメンバーの質に大きく依存する。

面白いですね。ありがとう。

 

<追伸>

同じワークでも、やる人によって全然違うものなのですね。

来年、マシュマロタワーをやると、また何か見えるのでしょうか。