大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

日記を1年間毎日書いてみる 〜たった1人の読者に向けてブログを書くこと〜

僕はこのはてなブログを毎日綴り始めたのが去年の夏頃です。

それまでは、別のブログや日記を書くことをしていました。

 

日記を毎日書いていると、実は書く内容というのは「ネタ」ではなくて「気づき」なのだということに気づかされます。

毎日のネタを書いていると、実は日記やブログに書くことなんて、あっという間になくなってしまいます。

結構な読書家であったとしても、毎日ブログなどで文章を書いてみると、まず1ヶ月持ちません。ネタ切れになってしまうからです。

実は、そのネタ切れになった後からが、気づきのブログ(日記)だということです。

 

気づきのブログになると、実は日々の生活が書くことだらけだということに気づきます。

日記もブログも、それが書くことの楽しみであり、面白さです。

 

日記は自分だけで完結するものですから、何を書いてもいいわけです。

ブログはというと、実はブログも自分の好きなように書けばいいわけで。

自分のために書く楽しみがあってもいいけれど、ブログの場合は、たった1人の読者がいればいいと僕は思っています。

そのたった1人の人のために毎日綴るブログがあってもいいわけです。

読者は世界中にたった1人。なんと素敵なことでしょうか。

 

最初このはてなブログを始めた時は、読者なんて数えるほどしかいませんでした。

それも、僕を直接知っている人だけ。

そんな中で書き綴る日々の楽しさがあったのは、良き想い出です。

あの頃と比べていま僕のブログは、アクセス数がすごく増えていて、嬉しさとありがたさと同時に、ちょっと寂しい気持ちもあるわけです。

たった1人のために書き続けてありたいなと思っています。