読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

大学で学問やっています。4年生。主に物理学。趣味は読書と、手紙を書くこと。好きなものは、雨の日とカフェオレ。人材業界に就職する新卒です。

やしきたかじんさんの歌

音楽

金色に染まった街が 哀しいほどきれいやね

二人見降ろす人の河 どこへ流れるんやろ

うまいこと言われへんけれど 夢追いかけるあんたを

待てないうちのせいやから 自分のこと責めたらあかんよ

という歌詞で始る。

やしきたかじんさんの「大阪恋物語」を聞いて号泣しています。

www.youtube.com

僕が10代の頃、何年かずっと家にいる時代があって、昭和の音楽を聴き漁っていたときに出会って。

なんだろう。

もうどうしても、何回聞いてもちょっとこの歌詞とか音楽の世界観が痛い。なんだろうな。本当に。

大阪恋物語 安物の恋かしれんけど

うちは死ぬまで忘れんからね 誰よりも素敵な人

ずっとどこかで見つめてるから

必ず星を掴んでね 

すごくすごく、どこまでも真っ直ぐに、魂で恋をしたという。女性目線で書かれた恋の歌です。

どうしてこんな歌詞を書けるんだろうなあ。

上の動画はライブ映像ですが、震えながら歌っている姿に、見ているこちらの魂まで震えるようで。

綺麗な人だなあ。本当に。 

 

どこまでも、やっぱ好きやねん

やしきたかじんさんを知らない方でも、聞いたことがあるだろう歌に「やっぱ好きやねん」という歌があります。

www.youtube.com

こちらはテレビ番組でしょうか。

ギター弾き語りのような形で、即興で歌っている。好きです。

はあ。たまらん。

関西弁っていいですよね。