大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

阿部真央「嘘つき」

 

貴方が植え付けた匂い 今も私を呼び止める

貴方が植え付けた癖 今は私を彩っている

 

また夏にやってくると あやすようにそっと抱き寄せて

貴方が置いてった言葉 今も私は捨てられずに

ここでずっと待ってるよ こうして

ここてひとり問うてるよ 「どうして?」

 

愛していると泣いたくせに あの日の貴方は今どこに

そういえば抱きしめるのは私ばかりだったね

嘘つき 嘘つき 

 

阿部真央が歌う「嘘つき」という歌があります。 

僕がこの歌に出会ったのは確か、大学の1年か2年の時でしたが、未だに僕はこの歌を聞くと、なぜかすごく心が痛い。

理由はわからないのだけれども、すごく、すごく痛いんです。

なんでこんなに反応しているのか自分でもわからなくなるけれど、反応をしているということは、僕の中にこの歌が響く”何か”があるのかなと。

 

それこそ、もう2年とか、そのくらいその理由を考えていて、それでいてこの曲を聴くたびにすごく心が痛くて、時には泣いて。

なんだろうなと、ずっとその想いを抱えていました。

 

こんな詩を書くことができる阿部真央というアーティストは、どんな人なんだろう。

これほどまでに激しい何かが言葉になって出てくるほど、誰かを愛することができるのだろうかと。

僕は思うわけです。

 

サビの部分は

愛していると泣いたくせに あの日の貴方は今どこに

そういえば抱きしめるのは私ばかりだったね

嘘つき 嘘つき

 というところですが、それこそ彼女の心の奥底の叫びが聞こえるようで、すごく心に刺さる。

響くというよりも、刺さるんです、僕の心には。

 

ずっと僕はその何かを探していて、最近ふっと気づいたことは、僕の母親という存在に、何か関係があるのかもしれないな、ということ。

答えはわからないけれど。自分の両親、ですね。

 

僕がいつしか人を信じることをしなくなったのは、その根っこには親という存在があるからで、だからこそ僕はドライでもあるし、傷ついた過去と、それ以上に誰かを傷つけた過去があって、そういったいろいろなものが混ざりに混ざって、今の僕の中に存在しているのかもしれないなと。

この曲を聴くたびに、見たことがある景色、そして出会ったことのない、いろいろな情景が僕の中を駆け巡ります。

 

本気で人を好きになるというのは、すごく切なくて、そしてすごく綺麗なこと。なのかもしれません。

 

ありがとう。