大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

自分の発する言葉を一番聴いているのは自分

僕は幽霊は信じないですが、「言霊」は信じます。

なぜならば、自分自身が発する言葉を最も聴いているのは自分だからです。

 

人は言葉によってマインドセットされていきます。

思考というのは、言語活動なんです。

言葉にできないものは、考えられないわけです。

だからこそ、子どもから大人にかけて成長していく過程で、思考力は増していくんですね。

 

人間を人間たらしめるのは「思考力」であり、その源は「言葉」なんです。

これに気がつかないと、常に自分で自分を負の方向にマインドセットしてしまう。

 

負の言葉を使うことによって、です。

 

だからこそ、言葉を大切に使うことがものすごく大事なわけで。

ひとつひとつの言葉の意味とか、定義とか。

そこを曖昧にしたまま、適当に言葉を使い続けると、適当な思考、ひいては適当な人生になってしまうわけです。

 

ひとつひとつを丁寧に意味づけしていきましょうよ。

自分自身で。

 

誰かの受け売りでは意味がない。

自分が、自分自身の言葉で、言葉に意味づけをするんです。

 

そのためには、語彙力というのはものすごく大切です。

ボキャブラリーですね。

 

たくさんのいい言葉に出会うことが、特に若い時代には大切で、そのためにたくさんの本を読んだり、人に会ったりするのだと思います。

僕はそうしています。

 

本を読み、人に会って、そこからもらった言葉で自己対話を繰り返していく。

そのサイクルの延長線上に、今があるんだと思っています。

 

今まで出会った本の中の言葉が、僕をつくって支えてくれました。

結果として、たくさんの人と話をするご縁をいただいた。

 

そのご縁に心から感謝しつつ、また自分自身を磨いていきます。

 

僕と出会ってくれて、本当にありがとう。