読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

好きなことだけして生きていけ 〜人は、好きなことを仕事にするために生まれてきた〜

僕が10代の頃に出会った、いまの僕の価値観の多くをつくってくれた僕の師匠は、執筆家である千田琢哉さんです。

僕は千田本に、ものすごく影響を受けている。

 

僕が大学1年の頃に、大学の友人に初めてプレゼントした本が、

「好きなことだけして生きていけ」

という本。

 

 

この本の中にある言葉。

人は、好きなことを仕事にするために生まれてきた。 

 という言葉。

 

僕は10代の頃、この言葉に出会って全身に電流が走りました。

まるで、雷に打たれたようなショックだった。

 

人は、好きなことを仕事にするために生まれてきた。

 

うわっ、これだ!

と思ったことを、いまでも覚えています。

 

この感覚というのは、わかる人にしかわからない。

わかる人というのは、好きなことで人生を埋め尽くしたいと思っている人。

そして、自分にとって大きな夢を描いている人です。

 

大切なのは、「自分にとって」という部分。

夢の大小は、他人に決められるものではなくて、ひたすらに自分で決めるものだから。

 

逆に、毎日が嫌いなことで埋め尽くされている人には、この言葉は刺さらない。

それどころか、「何を馬鹿なことを言っているんだ」と一蹴されるはずです。

 

そのくらい、この一言には、破壊力がある。

 

僕は小学生の頃から、大人たちに「好きなことばかりやっていると、ダメになるよ」と言われ続けてきました。

そして小学生の頃から、「こんな大人にはなりたくない」と思っていました。

なぜならば、どの人もすごく不幸そうな顔をしていた。

好きなことをして生きていない人というのは、こういう風になるのか。ということを、身を持って実感する20年間でした。

 

そして二十歳をこえた僕は大学時代にも、そんな風に言う多くの大人たちに出会う中で、逆に、素敵な大人にも出会うことができました。

それはやっぱり、本がくれた一つのきっかけで。

そして、そのきっかけから広がっていった先には、目の前の仕事に自分のDNAを刷り込みながら輝いている大人たちがいました。

 

あのとき、本が語っていたことは本当だったんだな、と。

直感的に、この言葉は正しいと思った自身の感覚は、間違ってはいませんでした。

 

今度は僕らが、好きなことを仕事にして、生きていきます。

 

ありがとう。