読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

自分の言葉で語ることの大切さ。

 

人間には、2つの話し方をする人がいます。

 

1つは、自分自身の言葉で語る人。

もう1つは、誰かの言葉の受け売りでしか語れない人。

 

この2通りだと、最近改めて考えさせられています。

 

誰かの言葉の受け売りを語ることの怖さは、”誰かの言葉を話している”ということに気がつかないことです。

自分自身の言葉ではないことに、違和感を持たなくてなってしまったら、それはすごく淋しいこと。

僕はそう思います。

 

誰かの言葉で語る人と、そうでない人。

そこには、思考回路の違いがあるんですね。

 

その思考回路とは、

「模範解答を探す」

というところにつきるんです。

 

正論と一般論は、誰でも語れます。

否、むしろ、ほとんどの人が、正論や一般論を語る。

でも、そこにはあなた自身の言葉はないんです。

 

だから、軽い。

言葉のひとつひとつが、軽いんです。

人の心には届かないし、響かない。

 

話している人の向こう側で、見えない誰かが喋っているような感覚になってしまいます。

 

せいろにゃ一般論というのは、いわゆる「模範解答」です。

そこを求めるという思考回路になってしまうと、いつだって、どこにいたって、正しいことを探そうとしてしまします。無意識的に。

 

でも、そもそも僕らが向き合う問題というのは、正解があるのかも分からない。

何が正解かも分からない。

むしろ、問題自体が正しいかも、分からないんです。

 

ほとんどがそういうものなのに、ものすごく限られた模範解答を探そうとする姿勢でいると、社会では搾取される側で終わってしまう。

自分の頭で考えないから。

 

模範解答を探して、覚える。

それは”思考停止”の状態なんですね。

 

翻って。

自分自身の言葉で語る人の言葉は、難しい言葉で語りません。

難しい言葉で語るわけでもないのにもかかわらず、すごく重い。

相手の心に届くし、響くんですね。

それが説得力になる。

 

それは、自分の言葉で語っているから。

 

誰かの言葉ではなく、自分が経験したことや考えたこと、思っていることを、自分の言葉にして伝えているからなんです。

 

その本質に、どれだけ早い時期に気づくことができるかは、すごく大切。

 

もちろん、本を読み、人に会って、自分とは違う考えや価値観を自分の中に入れることは大切です。

いったんは否定せずに飲み込むことは、すごく大切。

 

でも、それを自分で解釈して、考えて、行動して、やっと自分の言葉になるんです。

その作業を飛ばしてしまうと、軽い言葉しか発せなくなってしまうんですね。

 

僕は、常に僕自身の言葉で語り続けたい。

それを気づかせてくれて、ありがとう。

出会いに感謝。

 

<追伸>

この記事もよく読まれています。

yuto.hatenadiary.jp