大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

言葉は、心の栄養。人生のどん底だと思ったら、本を読もう。

 

人は、何か壁にあたったとき、苦しいとき、どうやってそれを乗り越えるのか。

過去の成功体験も、プライドも、夢も、もちろん力になってくれる。

 

周りの人に支えられるということもあります。

でも、一体周りの人の何に支えられるのか?

 

人が挫折という壁にぶつかったとき、最もその壁を乗り越える力となるのが、

「言葉の力」なんですね。

 

人は、言葉の力によって、救われるし、壁を乗り越えることができます。

 

僕が10代の頃に病気をして、しんどかったとき。

高校に通えず、大学受験もできず、一人で悶々としていたとき。

 

そんなときに僕を支えてくれたのが「言葉」でした。

 

親や友だちや先生といった周りの人がくれる「言葉」はもちろん、

最も大きかったのは、本を通してもらった「言葉」でした。

 

 

人生のどん底だと思ったら、本を読もう

人は、本当にどん底のときには、本を読むことで運命の言葉に出会います。

否、どん底の時にしか、運命の言葉に出会うことはできません。

 

人生のどん底の時には、今までの自分の経験や価値観が全てベースとなり、とても感性が尖っている。

そんなときこそ、自分の心が震える言葉に出会うときなんですね。

 

自分の心が震える言葉を、自分の心が素直に求めている。

 

僕が10代のときに支えられたのは、千田琢哉さんの言葉です。

「時間は命の断片」という言葉。

 

僕のその時の価値観を、一行に圧縮したコピー。

作家というのはコピーライターでもあるんですね。

 

一行のコピーや一言が、人の心を動かすんです。

 

言葉って素敵ですね。

 

 

翻って。

大学生は、社会に出て、これから多くの壁にぶつかることになります。

だからこそ、若いうちに、学生時代にたくさんの本を読むことが大切なんです。

 

たくさんの言葉に出会うことができるから。

 

自分を支えてくれて、自分を奮い立たせてくれる言葉を、どれだけ知っているか。

自分の中に、いい言葉をどれだけ蓄えることができるか。

 

いい言葉をたくさん知っている人と、そうでない人では、

社会に出た後に、行き着ける先が全く違ってきます。

それはもう、歴史が証明している。

 

本を読まない人で、遠いところまで行き着いた先は、

ちゃんと若い時代に、言葉をくれる師匠に出会っています。

 

言葉というのは、言霊。

その人が普段考えている脳みそが、言葉になってでてきます。

言葉がその人の思考を作り、行動を作っています。

 

言葉は、心の栄養。

 

寂しくなったらチャンス。

群がらないで、孤独に本を読もう。

 

ありがとう。