大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

本気で何かを手に入れたい、と思う経験をするということ。

僕の10代の、あの瞬間は今でも記憶の断片として残っています。

 

あれから、数え切れないほどの季節が過ぎ去っていく中で、いくつもの記憶のページが重ねられています。

でも、あの時感じたなんとも言えない感覚は、今でもずっと僕の中に残っています。

 

この言葉にならない感覚を、ひとつひとつ言葉にして綴っていけたら。

 

都会の喧騒の中の、この静かな部屋の中だけ、今だけ時間が止まっているような感覚。

 

世界と繋がっているものから切り離された瞬間に、自分というものの存在を、強く認識したりするわけです。

日々の中に、こんな時間を少しでも持つことは、やっぱり大切。

 

 

ここ1、2ヶ月、就職活動を通して、何度もなんども、自分自身の人生を語ってきました。

今の自分と、それが形成された過去の原体験。

 

その2つを結んだ先に描く未来と、自己実現

 

こうして幾度となく自分の人生のストーリーを語り、いろんな人と価値観の対比をする中で、少しずつ少しずつ、自分の”軸”のようなものが見えてきます。

 

僕は、どうしたいのだろうか?

 

自問自答を繰り返す日々です。

 

 

お前は、どうしたい?

 

自分自身の意思を、どこまでも徹底して問われる会社というのは、やっぱり素敵だなと思うわけです。

僕はやっぱり、その中でなすべき使命がある。

本気でそう思っています。

 

ここまで強く何かを手に入れたいと思ったことは、僕自身の人生の中でほとんど初めてと言っても良い経験。

それまでの僕は、一つのものに執着することは、なかった。

 

本当は、逃げていただけかも、しれません。

本気で手に入れようとして、傷つくことから。

 

 

ほとんど初めてと書いたのは、1度だけ、本気で手に入れたいと思ったものが、過去にあるから。

僕が覚えている中で、本当にそのひとつだけ。

 

だからこそあの時の決断であり、覚悟は今でも僕の中の大部分を占めている。

 

 

人生の中で、心の底から何かを手に入れたいと思える経験をすることは、きっとあなたを大きくしてくれます。

 

そんな”何か”に出会えることで、あなたの人生は変わる。