読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

大学で学問やっています。4年生。主に物理学。趣味は読書と、手紙を書くこと。好きなものは、雨の日とカフェオレ。人材業界に就職する新卒です。

「文科省の機密情報のメール誤送信」の対策について、ふと。

『文科省で機密情報のメール誤送信』という話題がありました。ふと、気になったので。 個人情報に関することが気になるようになってきたということは、人材業界に就職する「らしさ」なのか。どうなのか。 ということはさておき。 人事配置に関する機密情報を…

就活合宿なう。 〜はじめて仕事で泣いた経験〜

就活合宿に来ています。ゆってぃです。 昨年、僕が関わらせてもらっていたインターンシップ。そのチームで昨年、就活合宿を0から作ったんですね。 もちろん前例はないし、コンテンツも0からだし、企画は全部0から。集客も、当日の運営も、もうすごく冷や汗を…

大学時代4年間の友人の存在。

先日、大学の友人と久しぶりに会ってご飯に行った。年明けなので新年会?のようなもの。 久しぶりと言ってもたぶん2〜3ヶ月ぶりくらいなのだけれど、なんだかその数ヶ月の間にお互いがすごく変化しているようで、語りたいことがたくさんあって。 特に何かが…

寝正月を過ごしています。

こんな感じで、寝正月を過ごしています。 家族3人で迎えた新年はいつぶりでしょうか。と言いつつ、寝正月を過ごしています。午後お昼寝をして、起きて、ご飯を食べてゆっくり本を読み、夜の8時過ぎに再び就寝。さすがに眠れなくて、今起きました。父は夜の9…

今年の抱負ってなんだろう。と考えてみた。

2017年が始まりました。 そういえば、大学2年の頃から、なので2回に渡ってということになりますが、年明けに「書き初め」のイベントに参加(というか企画側で)してきました。 大学2年のときは、今年の抱負を感じ一文字で書く。この時は厚紙に筆ペンだった。…

2016年の手帳を見返していました。来年もほぼ日手帳(カズン)を使います。

もうすぐ来年ということで、いまは自室でまったりと手帳に物書きをしております。 手帳を見返しながら1年を振り返りつつ。 僕の奇跡のような時間の軌跡です。 ちなみに。 僕は「ほぼ日手帳」という手帳を使っています。 ほぼ日刊イトイ新聞で有名な、コピー…

僕にとっての今年はどうだっただろう。

明日から2017年になるということで、特に何が変わるでもないのですが、なんとなく節目のような気がするので。 毎年、新しい年になるとその年号「2017年」とか「平成29年」、というものを使い慣れるまでに少しの時間と、多少の違和感を抱えていますよね。なん…

同郷の同期と、初めて地元で会いました。

今日は、僕の地元に帰ってきた人で、この場所で会うのは初めてという人に会って午後を過ごしていました。 というのも、それは僕の内定先の同期。 実は、出身が同じだということに最近気づいて、それで年末に帰省してくるということで連絡をくれて、ランチに…

年賀状は、社交辞令のふりをしたラブレターだと思う。

年内はもう大学には来ないと思っていましたが、今僕は大学の図書館の一角にいます。いつもの席に座って、音楽を聴きながらパソコンに向かっています。 昨日からまた一段と冷え込んでいるような気がして、外はもう本当に寒いです。 以前にも書いたような気が…

自分というフィルターを通して書くということ。

こうしてブログを綴るということもそうですが、何かを書くときはあくまでも、「僕」というフィルターを通して見える景色について、書きたいと思う。 あくまでもフラットに、かつ僕の言葉で文章を書くこと。矛盾しているわけではないです、念のため。 別に一…

大学で大掃除をした年末のはなし。

今日は1日中家で過ごしています。ゆってぃです。 昨日はちょうど、大学の学部で大掃除会があって、午前中は学部の掃除をしていました。 そのあとお昼には、学部生と教授陣がなぜか一同に会して、手作りのぜんざいを食べるという、ちょっと変わった会があった…

アンケートにきちんと答えるということ。

ちゃんとアンケートに答える人になろうと思いました。 というのも、何らかの用紙に記入すべきことがある場合、例えばイベントの後のアンケートとか、あるいは何らかの登録フォームに記入する時とか。 そういうときに、自分がペンを持って書くときには、丁寧…

リクルート用語だらけの桃太郎。という記事を読んで面白すぎたので。

すごく面白い記事があったので、引用させていただきます。 hatomune163.hatenablog.com 出だしから「おばあさんがビル倒しに行って大丈夫なんw」というツッコミどころ満載の感じで物語が始まるのですが。 節々で思ったところでいうと、「圧倒的当事者意識」…

人生、下手の横好きでいいんじゃあないでしょうか。

せっかく人間に生まれて来たのだから、僕らはその人生を、自分の好きなことで埋め尽くしていいのではと思っています。 それが例え「下手の横好き」だったとして、それでいいじゃないですか。 下手の横好き尽くしの人生。上等です。 誰と勝負するでもなく、他…

小説(物語)が自分を通過していくこと、それらが入っていくことの感覚。

小説(物語)が自分自身の中に入っていく、確かな手応えのような感覚が今はある。 ひとつの言葉、一行の文ではなくて、文章全体として、物語が語ることを、わりとうまく捉えられるようになってきた気がする。 それまでというのは、ただいくつもの物語が、単…

明日から年末年始はわりとゆっくり過ごします。

明日は日曜日(クリスマス)です。 大学も今週で終え、その他諸々のものも今週でひと段落しました。 明日から年末にかけて、そして年始にかけては、特にすることすべきことがほとんどありません。 したいことはいくらでもあるけれど。 2016年も残り1週間とな…

気持ちの良い土曜日の朝です。

おはようございます。 気持ちの良い、土曜日の朝です。 今日はちょっと早起きをして、コーヒーをいつもより少しゆっくり淹れ、そのコーヒーを飲みながら本を読んでいました。 あと、朝に少しお散歩もしました。良き。 いまから、ドライブも兼ねて車で30分く…

僕のブログの立ち位置について考えてみた。

僕のブログで、いま一番読まれている記事は、就活についての記事です。 yuto.hatenadiary.jp これですね。『100社落ちる人と〜』という風に書いたのがよかったのか、あとはまあわかりやすい記事なので、読まれているようです。 これは特に狙って書いたわけで…

『あなたは、あなたのままで、素晴らしい』という記事を読んで。

あなたは、あなたのままで、素晴らしい。 というメッセージが込められた、素敵なブログを引用。 ms-present.hatenablog.com (みっくんさん、いつもありがとうございます。) ああ、本当にそうだなあと。 読んでいて、そう思いながら、そしてその詩のような…

言葉に想いを乗せて届ける。

年賀状は、贈り物だと思う。 というコピーがあった。 有名なコピーライターである、岩崎俊一さんのボディコピー。 あなたがいちばん好きなコピーは何ですか? と聞かれれば、僕は迷わずこのコピーを挙げると思う。 (実際に、就活でかの有名な大手広告代理店…

とある講演会の運営として関わらせてもらいました。ありがとう。

朝の5時に「はっ」と目が覚めて、そのままコーヒーを淹れながらこのブログを綴っています。静かな朝に。 とある方の講演会に(半分は運営として)参加させてもらいました。 結構な規模感で、お客さんは700人くらいとのこと。 700人ってすごいですよね。 それ…

明日は研究室の忘年会(兼クリスマス会)。鍋パーティーとプレゼント交換会をします。

明日は、僕の所属する研究室の忘年会(という名のクリスマス会。だと個人的に思っている)があります。 クリスマスが近いということで、会に参加する人はみな、ひとり一品のクリスマスプレゼントを持ってくることになっています。 それが僕らの研究室の伝統…

プログラミングと格闘する物理学生の1日。

さて。 今日はオフ日だったのですが、いまは大学の研究室にいて、慣れないプログラミングと格闘しております。。 僕は物理学科の学生で、そして卒業研究を目前に控えた今、プログラミングは必須な課題なのです、、 大学2年の頃からプログラミングはやってい…

きちんとストレッチと筋トレをするという日課。 〜習慣化して「今」を継続することは財産〜

毎日歩くこと。 そしてきちんとストレッチと筋トレをすること。 僕は大学に入るときから続けている日々の習慣です。 実際は大学に入る前くらいからのものなので、もう5年くらい。 というのも、僕は高校時代に脊髄の病気をしたことが原因で、ほとんどの運動が…

自分の書いた文章で、ひとりでも嫌な気持ちになるようなものは書かない。 〜愛のある文章を書きたい〜

僕はこうしてブログを書くときもそう。何か文章を書くときは、基本的には何をどんな風に書いてもいいと思っています。 「ブログを書こう!」と意気込んで書くのではなくて、また大きなことや小さなことを考えて書くのではなくて、どんなものでもいいから気楽…

『嫌われる勇気』『小説家を見つけたら』を読んで。 〜いい土曜日の1日の夜に〜

今日(日付が変わってしまったので昨日)は、1日が長くて良い土曜日を過ごすことができました。 朝ちょっと早く起きて、コーヒーを飲みながらブログを書いて、シャワーを浴びて家を出る。 とある人の(あるいは、とある場所の。だろうか)のお仕事のお手伝い…

誕生日にもらった温もりのはなし。

12月に僕は誕生日を迎えたのですが、その時にもらったプレゼントがすごく素敵で。 ちょっと気恥ずかしさもあるけれど、今回はどうしても写真を載せたいと思ったので。 お店で撮ったちょっと暗めの写真になるのですが、陶器のマグカップ、コーヒードリッパー…

繰り返し読みたい作家は、その作家の世界観に惹かれている。

誰にでも「この人は!」と思える作家が1人や2人いるのではないでしょうか。 つまりは、この人が出すなら、次の本も買ってみようかな。と思たり、あるいは、今までに読んだ本が好きで、それよりも前にこの人が書いた本ってどんなものだろう?と思えたり。 そ…

行き先で本を買うから、帰りの荷物が多くなる。という愉しみがあってもいいですね。

先週の東京行きで、僕は二冊の小説を持って行きました。 飛行機と電車を含め、移動中に全部読んでしまって、途中、見かけた本屋で本を買いました。 移動中に読む本がなくなるというのは、なんだろう。それ自体が結構なストレスだったりして、特に電車などは…

何かを書くときに、イメージしていること。 〜イメージを変えると、文体が変わる〜

何かを書き始める時に、例えばこうしてブログを書くときに、 よし、これを書こう。 と思ってパソコンに向かっても、書けないことがよくあります。 書き始める前は、「これについて、こんな風に書こう」などと思っているのですが、いざパソコンを開き、あるい…

今日という日に想うこと。

今日は、いろんな人にとって大事な日。 ひとつは、僕の大学の同級生と後輩たちがやっている、とある学生団体の大きなイベントがあること。 1000人規模のイベントを、大学生の運営メンバーだけで作ることって、すごく大変なことだと思うんです。 「想い」がの…

ちゃんと教養を身につけよう。と思いました。 〜千田琢哉さんの『教養本』を読んで〜

千田琢哉さんの『20代で身につけるべき「本当の教養」を教えよう。』という本を読みました。 ちゃんと、教養を身につけよう。 そんなことを思いました。 20代で身につけるべき「本当の教養」を教えよう。 作者: 千田琢哉 出版社/メーカー: 学研プラス 発売日…

誕生日イブイブのはなし。いつも、ありがとう。

いきなりですが、ちょっと先に僕は誕生日を迎えます。 今日(日付が変わってしまったので、昨日)、僕の大好きな人たちに、そのイブイブ祝いをしてもらいました。 東京で一緒に時間を過ごせてしあわせだなぁと思いつつ、ちょっぴり不思議な気持ちで、すごく…

男子、ちゃんと歌ってよ。

大学2年の頃だったと思う。 大学でできたひとりの友人に声をかけられた。 合唱サークルをつくろうと思うんだけど、よかったら参加しない? なんで今時、いや、大学生にもなって、合唱? そもそも僕は、中学校も高校も、普通の学生が経験するであろう(と、大…

内定式に行ってきました。 〜これから社会の扉を開く人たちへ伝えたいことを考えてみる〜

内定式で東京に来ています、わりとすごいホテルの会場を貸し切っての内定式。 いくらかけてるんだろうな、くらいにしか思えないほどに、よくわからない規模感の内定式でした。 これで総合職の二百数十人だけらしく、エリアを入れるとその倍。 グループ会社を…

ブログを書くという回想のたのしみ。

ブログを書くことのいいところは、忘れてしまっていたことを次々と思い出すことができることです。 あるひとつのことについて書いていると、それがきっかけとなって、今まで自分の中に眠っていた別のエピソードが有機的に、つまりは芋づる式に繋がって出てき…

「不在」という存在感。

人の存在感というのは、実のところ、その人がいない時に出るものなんだと。 つまりは「不在」という存在感なんですね。 その人自身がいるときには、実はその人の”本当の意味での”存在感はわからない。 その人がいない時に初めて、感じられるものというのが、…

初恋って何だろう?

日曜日の夕方のスタバから。 最近は、家かスタバか、たまに大学か、の移動で1週間が過ぎ去っている気がします。 そうでないときは、東京にいること多くて、あれ、僕いま大学生だよな。と、そんなことを思ったりしつつ。(今週も明日から東京です。今回は楽し…

できなかったことについて書くこと。

今の自分にとって、「できないこと」あるいは「失敗したこと」についても、きちんと言葉にして書き綴っておくことは大切だな。と思ったので。 ともすれば、こういういろんな人に見られるブログという場所は、ちょっとばかし自分を大きく見せようと思ってみた…

幼い頃には誰だって、憧れのヒーローがいた。

幼い頃にはいつだって、憧れるアイドルというものが存在します。 僕の場合はというと、憧れのフットボール選手(ジダンや俊輔や遠藤)がいて、音楽的なヒーロー(ビートルズや安全地帯)がいて、そして文学的アイドル(千田琢哉さんとか村上春樹さん)がいま…

決断の相談はしない。 〜決断の理由は好き嫌い、その根拠は「なんとなく」でいいと思う〜

何か物事を決断するときに、その決断についての相談は誰にもしない。 自分自身の決断に関しては、自分で決めて、自分で責任を持つ。 これは僕が10代の頃から思っていることです。 判断に関しては、信頼できる人に対してなら、相談することは必要だと思ってい…

移動中について語るときに僕の語ること 〜読みかけの本を一冊持ち歩こう〜

こんにちは。 僕は昨日の夜、最終便のフライトで帰って来ました。 久しぶりに自宅でゆっくり休むことができて、すごくホッとした気持ちです。 朝起きて、コーヒーを淹れて、シャワーを浴びて、音楽を聴きながら本を読んでいる。そういう時間を取らないと、な…

帰り道に寄るコンビニ。

駅からひとりで歩いて帰るときに、ついついコンビニに寄ってしまう。 1日中歩き回ったあと、夜に帰るときにはついつい。 僕はコンビニのデザートには目がないんです。 就活の時からそうでした。 1日の中で朝から何社も面接があって、夜、宿泊先に戻る頃には…

冬の街の景色の中で。

なんとなくそのまま帰る気がしなくて、ひとりぶらぶらと歩いていたときに。 東京駅周辺の通りのイルミネーションが綺麗だったので、つい。 寒そうで、冬っぽい写真ですよね。 通りのイルミネーションも綺麗だったし、ビルとか駅のライトアップと相まって、す…

本を速く読むために、ゆっくり読もう。

よく、それだけの本を読めるね。速読してるの? と聞かれたことは一度や二度ではなくて、最近もそんなことを聞かれて、あれ、僕って読むの速いのかな?と考えたので、こうしてブログに書いています。 多分、僕が本を読む速度は、それほど速くはないと思う。…

無事に、内定先の研修を終えました。

寒いですね。。 東京に来ています。 イルミネーションがすごく綺麗な東京駅近辺のカフェより。 なんとか無事に、内定先の企業の研修(のひと段落かな?)を終えました。 いろいろありましたが。。うん。 昨日の夜に飛行機で来たのですが、ひとり飛行機に乗っ…

「追伸」を書くこと 〜追伸はおまけじゃなくて、いちばん伝えたいこと〜

僕のブログを読んでくださっている方(ありがとう!)は、どうして僕のブログにはこうも「追伸」が多いのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。 実際、僕が綴っているブログの記事の多くには「追伸」があって、時には「追伸の追伸」まで書くことも割と…

眠れない夜に、ふと。

最近、夢の中でものすごく泣いて目がさめることがよくあって。 目がさめると、夢の中と同じように、涙が溢れていて。 そういうときに眠りからさめると、自分の内側から何かが溶け出したように、次々と涙が溢れてきて止まらなくなってしまうんです。自分では…

好きになるのに、理由はいらない。ただ、素直になるだけ。

何かを好きになること。あるいは、誰かを好きになること。 それに「理由」って必要なんだろうか。 きっと、そんな理由なんてないような気がする。あってもいいけど。 と僕は思っています。 だって、何かを好きになったり、誰かを好きになったりすることって…

本を読むことで、別のアイディンティティを自分の中につくる。

僕がジャンルを問わず、いろんな本を読んでみてよかったな。 と思う大きな理由の一つに、自分の中に”もうひとつのアイディンティティ”みたいなものを作ることができたことがあります。 つまりは、僕は確かに今の時代を生きているのだけれども、それと同時に…