読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の少年で、僕はありたい。

2017年新卒で、人材業界に就職しました。 趣味は読書と、手紙を書くこと。 大人の少年で、僕はありたい。 好きなものは、雨の日とカフェオレ。

自分自身として、相手に何を語れるのか?を教えてもらった話

先日の記事の中で、僕が大学時代にやっていたインターンシップがあり、そこでお世話になった企業の役員の方の話を書きました。 すごくお世話になったのですが、1年以上前、就職活動を始めたばかりの僕にとって、ものすごく印象的だったエピソードがあるので…

久しぶりのオフの土曜日は、大事な人に会えた素敵な1日でした

今日は久しぶりのオフの土曜日でした。 中学時代からの10年来の親友と久しぶりに会いました。 男二人で午後から秋葉原のカフェに行って、パフェを食べるという。笑 美味しかったです。ありがとう。 僕は彼と中学・高校の6年間を同じ場所で過ごしました。 サ…

就職活動から先の社会には、模範解答はありません。

何度も書いていますが、僕がこの「就職活動」というカテゴリーで書いていることは、正解ではないですよ。悪しからず。 そもそも僕がこのブログで書いていることも、あくまでも僕の視点を通してのことであって、これが正しい!とか、こうあるべき!とか、そう…

映画が観たいです。

以前、映画『言の葉の庭』を観たと書きました。 yuto.hatenadiary.jp すごく素敵な映画だった。 ものすごく映画が観たい気持ちになりました。 『君の名は。』も観たい。。 もともと僕は独りで映画を観に行くことが多かった。 10代の頃は、誰かと行く場合は決…

日曜日の夜は、友人と電話で話しました

今日は、久しぶりのオフな気がする日曜日。 昨日、土曜日は仕事で出ていたので。 まあ、実は先週も日曜日はちゃんと休みだったので、1週間ぶり。 ものすごく長い1週間だったような気がします。 そのくらい密度の濃い時間を過ごしています。 ちょうど社会人に…

志望動機は「本が書きたいから御社です」の一点張りでした。

さて。 前回、面接では「なにを」伝えるのか?ということで、僕が人材業界を志望した理由を例にとって書いてみました。 今回は、その記事の最後に書ききれなかった、「なぜ、その企業でないといけないのか?」「その企業で何をしたいのか?」という部分を書…

仕事に本気になれる自分でありたい

僕が今年の4月に社会人になり、早2週間が経とうとしています。 まず行う研修の時点で、本当に多くの学びがあった。 学ぶ場である研修なので当然かもしれませんが、そんな当たり前なんかじゃなく、本当に気付かされることばかりの時間を過ごしています。 僕は…

面接では「なにを」伝えるのか?

以前に、面接においては、「なにを」伝えるのか?それを「どう」伝えるのか?という視点で考える、という記事を書きました。 今回は、その続きとして、じゃあ実際に「なにを」伝えるのか?というのを、僕自身の就活の経験から書こうと思います。 yuto.hatena…

大学時代の友人と会いました@東京

先日、僕の大学の同期と東京で会いました。 物理で、東京の一流大学院に進学した彼は、僕が何度か書いている、僕が大学時代に出会った天才です。 そんな彼と僕が夜仕事終わりに待ち合わせをして、ご飯に行きました。 ゆっくり話をするのは久しぶりだったので…

夜のお散歩。綺麗なサクラ。

先日、夜のお散歩でサクラを見にいきました。 駅から降りて、ぶらっと歩いて。 夜のお散歩は僕の昔からの楽しみですが、やっぱりどこに行ってもいいものですね。 実は僕は、東京でこうしてサクラを見るのは初めてのことでした。 去年の今頃も東京にいて就職…

社会人になって1週間が経ちました。

ここ数日、パソコンをさわれず、ブログを更新することができませんでした。 というのも、会社の研修が一つ目の山場を迎え。 社会人としての1週間が経ちました。 この1週間目は、ほとんどの企業がそうであるように、まずは新入社員研修ということで。 我が社…

23時半のひとりの部屋

さて、なかなか仕事終わりにブログを書くというのは、さすがに毎日は厳しいかもしれません。 というのも、夜終わってご飯を食べて帰って来て、今日の振り返りと明日の準備があって、お風呂に入って一息ついたらもうベッドに吸い込まれます。笑 改めて、社会…

新入社員研修初日。

さて。 今日から新入社員研修が始まりました。 とある研修会場を貸し切って、総合職だけで200人以上の新入社員が一堂に会して全体研修がスタートしました。 4月半ばまではこの全員での研修を行う。この全体研修を経て、各部署へ配属。 そのあとは、各部署で…

面接が漠然と不安な人へ 〜「なにを」伝えるかを考える〜

この4月から社会人として新たなステージへと行きつつ。 僕が大学時代から書いているこの「就職活動」のカテゴリーの記事も、引き続き書いていきますね。 *** 先日、とある後輩の就活生と話をしていました。 その子が言うに、 「私は面接で緊張してしまっ…

入社式。社会人への扉を開く1日

今日4月1日は、僕の入社する会社の入社式でした。 誰もが聞いたことのある大会場で行われた入社式は、同期約1000人が一堂に会するものでした。 配属が大阪に決まっている僕は、大阪の新居から朝一で新幹線に乗り、10時半頃に東京入り。 そこから電車で移動し…

大人になるということ 〜大人の少年で、僕はありたいという想いを胸に〜

昨日は、大阪での新生活3日目でした。 今日で3月も終わり、明日から4月になります。新しい年度の始まりです。 明日4月1日から、僕は正式に社会人となります。 東京での入社式のため、明日の朝、新幹線で東京に向かいます。 多くの期待と、少しの不安を胸に。…

諸々の手続きDAY 〜人材会社の社会を実感した1日。当事者意識が見せてくれる景色がある〜

こんばんは。昨日、新居デビューしました。ゆってぃです。 yuto.hatenadiary.jp 今日は、転入届等の諸々の手続きDAYでした。 午前中に家でゆっくりとしていると、以前よりお世話になっている先輩から連絡をもらい、急遽一緒にランチに行くことに。 以前、家…

新居デビュー 〜独り暮らしの部屋に思うこと〜

さて。 本日、大阪の新居に引っ越してきました。 午後に不動産屋さんに行き、鍵を受け取って、そこから新居にゴー。 地元から発送していた荷物の受け取りを終え、ある程度整えることを終え。 さすがに朝からの移動で疲れたからか、夕方は少し眠って、今に至…

明日、大阪に飛びます

3月も残すところ数日となりました。 先週で無事に大学を卒業し、明日、新居地である大阪へ飛びます。 僕の勤務する会社は、日本全国(海外も)に支店、支社、グループ会社があり、本社は東京です。 僕は新卒でその会社に入り、配属は関西(大阪)です。 僕の…

はじまりはいつも雨

その日は雨でした。 ふと浮かんできたのが、この曲で。 ASKA - はじまりはいつも雨 - YouTube 君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて 水のトンネル くぐるみたいで しあわせになる という歌詞で始まるこの曲は、知っている方も多いと思います。1番は次のよ…

無事、大学を卒業しました

今日、無事に大学を卒業しました。 4年間、本当に良き時間を過ごすことができました。 たくさんの出会いに感謝です。 成績優秀で学部長賞を受賞することができたのですが、その授与式の時に学部長がおっしゃっていたことが印象に残っていて。 AIのことを話さ…

現状把握→目標設定→施作→行動のサイクル

僕が大学時代に関わらせてもらったインターンシップを通して学んだ、仕事のポイントで大切なこと。(ずっと一貫して同じことを言われてる。笑) 現状をどんな風に把握するのか。 目標をどう設定するのか。 そしてその目標達成に向けてどんな打ち手を考えるの…

書くことが思考のためのツール

僕はこうして文章を書く時に、事前に何かを考えて「よしっ、これを書こう!」と思って書いているわけではありません。 考えてから書き始めるのではなく、書きながら考えています。 むしろ、書くこと自体が考えるために必要なことなんです。 書くことが思考の…

船井幸雄氏が説く世の中の”原理原則”

船井幸雄という名前を聞いたことがあるでしょうか。 知っている人はおそらく、コンサル業界に興味のある人か、ものすごく本を読む人か、そのどちらかではないでしょうか。 世界で初めて経営コンサルティング会社を株式上場させた方。 あの船井総研の創業者で…

今日から春ですね。

今日は春分の日だということで。 もう夜になって日が暮れてしまいましたが、今日のお昼は暖かく、これから春になるのだという期待感に溢れた1日だったと思います。 僕は今週、大学の卒業式を迎えます。 ちょうど4年前には、大学生になることをとても楽しみに…

映画『言の葉の庭』を観て

観ました。映画『言の葉の庭』 たまらん。。 本当に胸がキュンとして、苦しくて、たまらない45分間でした。 15歳。高校1年生の主人公が、雨の日に出会ったひとりの女性の恋をする物語。 10代のあのどこにも行き場がない気持ち。 小さな世界の中から自分だけ…

夢を持っている人は強い

僕の後輩にひとり、ものすごくスケールの大きな人間がいます。 昨日、たまたまふとしたことからその彼と話をし、改めてその夢の大きさに触れて、ああいいなあ、と思った。 夢を持っている人は強いです。 夢といっても、「叶ったらいいなあ」というような弱い…

「出会ったすべての人に手紙を書くと、人生が変わる」は本当でした

僕が10代の頃から続けているひとつの習慣に、「出会ったすべての人に手紙を書く」というものがあります。 yuto.hatenadiary.jp あれから約7年という時間が経ちました。 いまだからこそ思うことがあって、それは、僕が10代の頃に出会った『出会ったすべての人…

面接でどんな人に会えるか楽しみにする 

僕自身の就活を振り返ってみると、何としてもその会社に入りたかったとか、自分を売り込むというよりはむしろ、面接の際にどんな人に会えるのだろう?というのが楽しみでした。 面接を受けているという感覚はあまりなかったかもしれません。 (こんなことを…

まずは実力ありき。ただのいい人は、偽善者。

まあ、ちょっと過激なタイトルをつけましたけれども。笑 別に他意はないです、これから社会に出る自分自身に向けたメッセージ。 実力は大事だと思うんです。 特に社会人1年目、2年目というのは、できないことしかありませんから、取り組む仕事一つ一つが自分…

学科の先輩とお茶にいきました。

先日、大学の学科の先輩とお茶をしにいきました。久しぶりに。 その一つ上の先輩は、うちの大学の大学院1年。 僕が大学1年の頃から、一緒に勉強をしたり教えてもらっていたりした仲です。 どの大学、どの学年にもわりとあると思うのですが、いわゆる「勉強グ…

就活関連の記事がよく読まれています、感謝。

就活解禁に合わせた、3月に入る頃からでしょうか。 3月に近づくにつれて多く読まれているのは、やっぱり就活関連の記事で、また、もう一段階僕のブログのアクセスが伸びていることに気づきました。読んでくださっている方、ありがとうございます。 日々のUU…

書くことがないところから

素敵なブログを読んだので、引用させていただきます。 僕がいつも拝見させていただいているブログです。 ms-present.hatenablog.com 書くことがないところから 毎日書いていると、書くネタがだんだんなくなってきた、というようなことを書いていて。 「書く…

【関西旅行第三弾】USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でびゅー

関西旅行、第一弾は奈良の旅。 yuto.hatenadiary.jp 第二弾は京都の旅でした。 yuto.hatenadiary.jp 第三弾はUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)!! USJデビュー 初めて行く、念願のUSJです。 梅田から西九条という駅で「ゆめ咲線」という路線に乗り…

自分の言葉と社会の言葉は違うという認識をもつ

就職活動を始めたばかりの大学生の多くは、大人と話すことに慣れていません。 大人と話し慣れしているというのは、大きなポイントです。 僕が大学時代に関わらせてもらっていた学生と企業の場づくりにおいて、一番大きな価値が「大人と話し慣れる」だったと…

【関西旅行第二弾】京都の旅と清水寺 〜日本人を感じる街〜

引き続き、関西旅行第二弾!! 第一弾の奈良の旅はコチラ 初めての京都 僕の就職先の企業の配属先が大阪で、今回は家探し&研修を兼ねての関西旅行でした。 その際に泊めていただいていたのが、僕の大学時代のインターンシップ先の企業にいる先輩宅。 約1週…

5分話してもつまらない学生は、10時間話してもつまらない

就活生の中には、「たった15分程度の面接で評価されてはたまらない」と思う学生は多いと思います。 なぜならば、僕自身がそうだったから。 たった1枚のES(エントリー・シート)で、あるいはたった15分の面接で、僕の人生の何がわかるのか。否、絶対無理だろ…

梅田(大阪駅)は難しい・・

僕が関西(大阪)配属になったことは書きました。 僕の会社は梅田(大阪駅)に直結のビルに入っています。 就活は東京でしていたので、東京に関してはわりと土地勘を持ち始めていた矢先の大阪配属。 梅田に来たのは数えるほどしかないので、今回家探しで大阪…

【関西旅行第一弾】初めての奈良と鹿たち

大阪で家探しをしています。ゆってぃです。 今回はわりと長い期間、関西に滞在します。 その目的は家探しと企業の研修と、そして何と言っても関西旅行!! わざわざ僕の地元から、僕が関西滞在している期間に合わせて、大学時代の友人が来てくれて。 男二人…

【企業分析のコツ②】選考中にチューニングしていく

企業分析・業界分析のポイントについて、1つ目に「1社をとことん掘り下げる」ということを書きました。 yuto.hatenadiary.jp 次は2つ目のポイント”選考中にチューニングをすること”について、僕自身の経験を振り返って書きたいと思います。 相手が求める人物…

【企業分析のコツ①】1社をとことん掘り下げる

企業分析や業界分析ってどうやっていましたか? 特に今年になって、後輩の就活生によく聞かれることです。 何度か書いていますが、ぶっちゃけ企業分析は特にやっていません。本当に。 ましてや、業界分析なんていうのは、なんだそれ?くらいのスタンスで選考…

大阪家探しなう

いま、大阪に家を探しに来ています。 配属が関西(大阪)になった記事を以前に書きましたが。 関西(大阪)配属になりました - 大人の少年で、僕はありたい。 ほとんど初めてに近いといってもいい大阪です。 土地勘がまったくないまま、不動産屋さんを巡って…

上司や先輩に奢ってもらって当然とは思わない

僕は大学時代に、上司や先輩といった多くの大人の人にご飯に連れていってもらう機会が多かったです。 特に20代の若いうちというのは、お金がありませんから、連れていってもらったときには奢ってもらうことが多いはずです。 むしろ、ほとんどの場合で奢って…

何気ない時間を過ごせるしあわせ

久しぶりに、すごくゆっくり過ごせたいい1日でした。素敵な時間。 大好きな人とご飯に行ったとき、ふと店員さんと会話になって、「この4月から社会人になるんです」と言ってくれて。 「そうなんですか!おめでとうございます」 と言ってもらい、嬉しかった。…

「習っていません」は社会では通用しないと思う

千田琢哉氏の『教養本』がある。 これは、いい本ですほんとに。 久しぶりに、本全体で電撃が走る本だなと。 20代で知っておくべき「本当の教養」を教えよう。 作者: 千田琢哉 出版社/メーカー: 学研プラス 発売日: 2016/12/06 メディア: 単行本 この商品を含…

隙間時間にはスマホではなく本を読もう

昨日、慕っている先輩とご飯に行き、お互い少し作業をしようとスタバに行ったあとに、本屋に寄ろうとなって。 一緒に本屋に行ける仲というのは、気心が知れている人でなければ無理だと思うんですよね。 それほど仲の良くない人と一緒に本屋には行けないわけ…

「困った時の〜〜さん」と言われたい。

「私は、人に利用されるのが苦手なんです」という人がいます。 僕からすれば、それってすごくもったいない。 そもそも、人に利用されるとか、うまく使われることは、いいことだと思うのですが。 むしろ、人にうまく利用されない人は、どうやって仕事をやって…

卒業シーズンですね、そうですね 〜出会いと別れがあるからこその人生だと思う〜

あと2日で2月も終わろうとしています。 今週から3月ということで、僕の周りでも少しずつ動きが出て来ているここ最近。 今日のお昼は、大学時代4年来の友人とパフェを食べに行きました。笑 明日で引っ越してしまうとのことで。 以前に(といっても確か今月の…

その面接、本気で取りにいってますか?

あのね、就活生だからっていつまでもお客さん気分でいたら、絶対面接は受からないよと。 本気で内定が欲しいと思っていますか? とりあえず受けて行く中で、とりあえずどこかから内定がもらえるならばそれでいい。そう思うのも、そのスタンスで就活に臨むの…

すでに持っている本を書店で立ち読みすれば、もう一度購入する

僕はこの大学時代、膨大な数の本を読んできました。 もともと本が好きだったということに加えて、特に大学時代の後半には「本は机上の空論ではなく、人生の予習」だということに気づかれされたことは大きかったです。 人生において直面する局面というのは、…